ウォーターフォール投資法

NISAで資産を大きく増やそう

ウォーターフォール投資法でも説明をしましたNISAについて、今回はお話したいと思います。

NISAとは?

NISA(ニーサ)とは毎年決まった金額が非課税となる制度で、20歳以上があつかえる一般NISA、つみたてNISAと未成年が使えるジュニアNISAがあります。

NISA自身は国が行っている制度で、金融庁が国民に投資を積極的に行ってもらうために2014年から施行されました。

一般NISAと積立NISAの違い

一般NISA
つみたてNISA
対象者20歳以上
運用方法通常買付・積立方式積立方式
年間投資上限額120万円40万円
非課税となる期間5年20年
対象商品国内株式・海外株式・投資信託国が定めた基準を満たした投資信託
非課税対象対象商品にかかる配当金・売却益等
口座開設期間2023年開始分まで2037年開始分まで
金融機関変更各年ごとに変更可能

以上のような内容となっています。

一般NISAとつみたてNISAどちらがいいのか?

NISAは分配金と売買利益のどちらにも非課税になるため、投資で運用できる資産がどれだけあるかが判断基準になります。

大きく投資をするのであれば一般NISA

一般NISAは120万円で5年間の600万円の投資枠の運用利益が非課税となります。

積極的な売買をするのであれば、一般NISAが向いています。

ほったらかしで積み立てていくならつみたてNISA

つみたてNISAはプロに運用を任せる投資信託を購入できるので、毎日チャートを見て運用をしないのであればつみたてNISAを使うのがオススメです。

年間40万円で20年間貯めていけるので複利運用で資産をしっかり増やして行くことが狙えます。

投資初心者はつみたてNISAで!

アニオタ投資術ではつみたてNISAをオススメしています。

投資に時間をさけないのであれば、ほったらかしで運用をしてくれる方向をとれるので投資信託を扱うほうが向いています。

NISAのデメリット

非課税でメリットの多いNISAですが、デメリットもあります。

一番のデメリットは損益通算ができないことになります。

損益通算とは下記のようなことです。



個人がアパートやマンションなどの不動産を貸し付けて得た収入金額から必要経費を差し引いた金額が不動産所得である。必要経費には借入金利や公租公課,火災保険料など直接支出する費用のほか,実際上は即座に支出しない減価償却費があり,不動産所得がマイナスになる場合が生じる。このとき不動産投資を行なっている者がサラリーマン (給与所得者) であったり自営業者 (事業所得者) であった場合,給与所得あるいは事業所得からマイナス分を差し引くことができる。これを損益通算といい,その結果,課税の対象となる所得が少なくなり納税額を減らすことができる。


出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

簡単に言えば損を相殺して、納税額をへらす方法です。

そもそも非課税制度なので、損益通算をしまうと、納税額がおかしくなってしまうからですね。

つみたてNISAでオススメの商品

つみたてNISAでおすすめの商品として2つあります。


楽天・全米株式インデックス・ファンド

インデックスファンドとは日経平均やダウ平均など株式指標(インデックス)とおなじような値動きをする投資信託になります。

楽天・全米株式インデックス・ファンドは海外ETFである「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF 」に投資をするものとなります。

アップル社やアマゾンなど米国の有名企業にたいして100円から投資をすることができます。

投資信託のいいところは分散投資や運用までをお任せできるところであり、値上がりが見える商品であれば積み立てておくだけでしっかりと資産を増やすことを目指せます。

ただし、株式でもあるためリスクがあります。


eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

リスクを抑えた投資信託をしたいのであれば、バランス型ファンドがおすすめです。

特にこの8資産均等型は 国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リートおよび先進国リートに投資を行います。

バランス型ファンドは投資内容の比率を一定に保つように動くためリスクを抑えた運用をします。

まとめ

NISAのについては以上です。

NISAは非課税で投資ができる国が行っている制度ですので、この機会に利用しましょう。

まずは、iDecoで年金の確保をしてからNISAで資産をふやしていきましょう。

ブログ村のランキングに参加中です。

ためになった、面白かったと思ったらクリックお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

今後も読みたい方はブログ村への登録もおすすめです。